箱根駅伝、青学恐るべし

正月三が日で毎年見てしまうのが、箱根駅伝です。今回はやはり青山学院大学が気になっていました。その中で私は神野くんと原監督が気になって、テレビや新聞で情報をチェックしていました。
レースは全部見ることはできませんでしたが、どの選手も正々堂々とした表情で、颯爽と走っていました。「青学、かっこいいな」とついつい見惚れていました。
5区の神野くんは前回に比べて少しきつそうに走っていましたが、それでも最後まで1位キープで往路のゴールテープを切っていました。
復路は仕事の都合で結果しか見ていませんが、優勝したとのことですごいなと思います。
原監督の作戦が今回も学生を支えたのでしょう。駅伝はいつ何が起きるか分からない中で連覇するのはなかなか難しいことですね。
次回は神野くんは卒業しているので後輩が新山の神になるのでしょう。今後が楽しみです。
まずは明日の新聞が楽しみです。