頭を使う楽器かも、少し熱が下がったドラム

ちょっと熱が下がりました。体温のことではなく楽器のことですが。最近気になっていた楽器があり、盛り上がった時はオーダーしようかなと音の画像を色々聞いてもいたのですが、明日その楽器を聞く機会が出来たのでとりあえず保留にしました。県外でその興味のある楽器、ガンクドラムの定期演奏会があるのも調べて参加しようとも思っていたのですが、それも問い合わせただけになってしまっています。仕方ないですよね、近い方がいいですし、けっこう高いモノなのでやっぱりすぐに買うのは辞めようと思ったんです。今持っている楽器もあるし、何に使うのかと言われると困るので、少し時間をおけばもう欲しくなくなるのかもしれません。ただ音階が何種類かあるので明日聞いただけで判断は出来ない部分はありますが。とりあえず持っている方に色々聞けるのでそれも楽しみにしています。それにしてもガンクドラムは叩く場所によって音階が違うようなので、頭を使うかな?今持っているシンギングボウルは感覚で鳴らしているので好きな音を好きな分だけ鳴らしていますが、ガンクドラムだと考えてしまいそうでわたしには合ってないかも。生音が一番なので実際に聞いてみないと分かりませんが、頭を使う楽器は困るなぁと思います。とりあえず明日を楽しみにイベントに行って来ます。

ヨガ教室のことを聞いて以来気になっています。

「外界は自分を映す鏡」などとよく言いますが、最近なぜかその言葉を実感することが多くなっています。
何故かというと、自分の心がウキウキしていたり、楽しいことを考えていると、外出先でも笑顔になるようなことがたくさんあったり、逆に心が重苦しく沈んでいると嫌な目に遭うことが多いからです。
自分の心と外界との関連性が長いことわかりませんでしたが、(あるいは、嫌なことや楽しいことが起こっても自分の心が関係しているなどと考えたことがありませんでしたが)、明らかに関係がある!と自分の中で確信が持ててからは、自分の精神状態をコントロールすることの重要性を実感しています。
といっても、人間ですから日によって浮き沈みがありますし、コントロールといってもどうにもならない部分があることも承知しています。
そんな時、知人が「ヨガっていいよ」と話してくれて、何となくヨガが気になり始めました。
身体を柔軟にするだけじゃなくてチャクラを整えるにもいいんだよ、と何やら難しい話をしてくれましたが、チャクラとは身体の中にいくつもあるエネルギーを調整するポイント?なのだそうです。
それをきちんとメンテナンスしていれば精神が整うだけでなく、人生が良い方向へと進むのだとか。
自分でもよくわからない自分の精神を見つめなおすため、近々ヨガ教室にでも行ってみようかと考えています。

ガーデニングの面白さ

「趣味がガーデニング」なんて言うと、なんとなく優雅なイメージですよね。私の趣味の一つは、その「ガーデニング」なんです。しかし、私の場合は実際には、庭の手入れ及び草むしり。優雅なイメージとはだいぶ違うのが、本当のところです。ガーデニングをはじめた頃は、植木鉢に、季節の花をいろいろと寄せ植えしていましたが、だんだんと庭の木の下や花壇の隙間に生えている雑草が気になりだしました。雑草といっても、可愛い花をつけていたりするので、ただただ抜いてしまうのがかわいそうになったりして、うっかり放置したりすると、あっという間に、雑草だらけになってしまいます。いろいろと試行錯誤を繰り返し、最近私が行き着いたのは、グランドカバーを植えてしまう方法です。リトマキアシューティングスターという、ツル性の苗を買い、試しに庭の片隅に植えたのですが、ひと月ほどで、こんもりと良い感じに育ってくれて、黄色い可愛い花まで咲いてくれました。しかも、リトマキアシューティングスター近辺には、雑草が生えていないという、有難い状態になりました。かなり繁ったところから、少し株分けをして、空いている庭の一部に移植しても、わりと簡単に根をつけてくれます。これのおかげで、これからは「優雅なガーデニング」を楽しむことができそう。これから、花屋に出かけようかしら。

初詣行ってきました。

0歳の子供が年末年始発熱でなかなか下がらず、薬を飲んでも眠らず、ぐずぐずしていました。
だから年末お酒を飲んで、だらだらする感じではありませんでした。
2時間も続けて眠ってくれなかったのでヘトヘトで年明けを迎えました。
やっと熱が下がったので1日の午後、初詣に行こうと神社前を通ると、道路まで並んだ人混みに圧倒され引き返してしまいました。
2日目にまた初詣に行き、昨日の三分の一くらいの人だったので安心してお参りしました。
パパは大吉、私と長男は吉でした。
結婚して初めてパパは大吉を引きました。なかなか良い事に恵まれなかったので今年こそパパに良い事が起きてほしいと思っています。
下の子が病み上がりなので、じゃがバターと今川焼と串焼きを買ってすぐに車で帰りました。

久しぶりにウォーキングしてみた

ベランダで洗濯物を干していたら、あまりにも日差しが暖かなので浮かれてしまいました。
久しぶりにウォーキングをしたくなってくるほどの良いお天気です。もう春かと思えるほどの空の青さ、風の冷たさが心地よく感じられます。
「スッピンの顔でもいいかな~」
「いいんじゃない。誰も気にしてないよ。それに帽子もかぶるし。」と、自問自答してウォーキング。
目深に帽子を被ります。すると、化粧っ気のない顔でもぜんぜん平気になっちゃうんですね。
お馴染みの道なのに、新鮮さが漂ってくるのは何故でしょう。
ここんとこ色々あったもんなあ、ちょっと落ち着いてきたからかな、なんて考えながら歩きます。
春はまだまだ先だけど、気分は上々。この調子で歩いていきましょう。

箱根駅伝、青学恐るべし

正月三が日で毎年見てしまうのが、箱根駅伝です。今回はやはり青山学院大学が気になっていました。その中で私は神野くんと原監督が気になって、テレビや新聞で情報をチェックしていました。
レースは全部見ることはできませんでしたが、どの選手も正々堂々とした表情で、颯爽と走っていました。「青学、かっこいいな」とついつい見惚れていました。
5区の神野くんは前回に比べて少しきつそうに走っていましたが、それでも最後まで1位キープで往路のゴールテープを切っていました。
復路は仕事の都合で結果しか見ていませんが、優勝したとのことですごいなと思います。
原監督の作戦が今回も学生を支えたのでしょう。駅伝はいつ何が起きるか分からない中で連覇するのはなかなか難しいことですね。
次回は神野くんは卒業しているので後輩が新山の神になるのでしょう。今後が楽しみです。
まずは明日の新聞が楽しみです。