子育てについてなど。

私には、1歳の娘がいます。今も離乳食をあげていますが、だんだん慣れてきました。離乳食は、ベビーフードや、手作りを組み合わせています。手作り離乳食も小さなタッパーに小分けして、冷凍庫にストックしたりと、工夫しています。ストックやベビーフードを利用することで、毎日平均的に、娘の食事を用意できます。なかなか大変ですが頑張っています。
娘は、今1歳なので、つかまり立ちなど練習しています。発達はなかなか気になるものだし、悩みどころですが、前向きに練習していると、ある日突然新しいことができていたりするので、感動します。一人歩きまではまだかかりそうですが、焦らずに少しずつ練習したいです。娘の意欲を育てることが大事だな、と子育てを通じて感じています。

子供といっしょにノロウィルスになってしまいました

先週の土曜日に、1歳5か月の息子が、いつもは食欲旺盛なのに、少ししか食べず、残すので、おかしいなぁと思ったら、食べ終わった直後に、吐いてしまった。
そして次に、下痢。
これは、もしやノロウィルスとすぐに、次亜塩素酸が入っているキッチンハイターで消毒。
汚れた服も袋に密封して、お湯でゆすいだ後、別洗い。
だけど、おむつ替えしたり、いつもべったりいっしょにいるママは、どうしても感染してしまうのです。
ママである私も、その夜、トイレをいったりきたり、息子の世話したり、大変でした。
次の日、ダウンしてしまった私の代わりにパパが息子と3歳の娘の世話をしてくれました。
パパは、消毒をしたおかげか、感染しませんでした。
3歳の娘は、日曜の夕方に、1回吐いただけで、とても元気で、その後も何もなく済みました。
息子は、吐いたり、下痢しているが、熱はなく、元気に遊んでいてくれたので、助かりました。
私自身も熱はなく、1日休んで、吐くのは治まったので、なんとか家事をすることができました。
月曜に、ようやく病院に行くことができ、子供と私と診察してもらい、やはりノロウィルスとの診断。
息子は約1週間、下痢が続き、私は2日下痢でした。

結構ムカつく返答

ダンナの好き嫌いが激しいため、毎日食事の用意に苦労している私。これまで好きでOKだったはずのおかずでも、突然「もう飽きた~」と言い出すことも珍しくないため、晩御飯を作る前には、この献立で大丈夫か、必ずお伺い(笑)を立てるようにしています。
しかし、そんな気遣いと苦労にも拘らず、ダンナは「ああ、××(おかずの名前)『で』いいよ」と実に気軽な返事を返してくる。本当に小さいことではあるのですが、その度に「で」って何だよ!と、かなり頭にきます。
「で」ってそんな気軽に言うのならな、一度全部自分で食材を買って一から料理してみろ!と怒鳴りたいところなのですが、おそらくダンナに任せたら、ハンバーグ→焼きそば→カレー…という著しく栄養の偏ったお子様メニューが繰り返されることになるので、怖くて到底言い出せない。くそっ、私が超金持ちなら、ビストロSMAPのメンバーを招いて毎日ご飯を作ってもらうのになあ、と想像(妄想?)して毎日憂さを晴らしています・・・・暗い?

娘のおしゃべりが止まらない。

娘は今日で2歳と半年になりました。子供の1ヶ月の成長って大きいですね。初めての子育てで、日々教えられることばかりです。

女の子だけあっておままごとやママのお手伝いはよくやってくれます。旦那はいつもダラダラ、見ていてイライラしちゃうので彼女には本当に癒されてます。

おしゃべりもかなり聞き取れるようになってきました。スイッチが入ると息つく間もなくしゃべり続けます。「なんとかナントカ、アンパンマン何とか」単語が幾つか出てくるのでそれをつまんで私も会話してます。

休日は遅くまで寝ていた旦那。最近は娘に容赦なく起こされるようになりました。しめしめ…
パパ!パパ!と呼んだあと勝手にドアを開けて入っていきます。あとは娘の1人トークショー。
おしゃべりが止まりません。夜更かしでうなだれるパパ、凄く面白いです。

こんなこともあって女の子って味方になってくれるんだなぁと実感しています。これからは娘と2人でダラダラパパを成敗していきたいと思います。

今日は娘の入学式

心配していたお天気も問題なく、娘の入学式に行ってきました!この前初めてバスに乗って幼稚園に行く娘の姿を見て心配していたことがまるで昨日のよう。気がつけば幼稚園の中で一番年上の年長さんになり、ついに小学生になりました。

子育てってきっとあっという間なんだろうなぁ。毎日大変であっという間に時間が過ぎていくけれど、きっとそんな毎日を羨ましく思うときが来るんだろうなぁ。

と、ランドセルを背負う娘の姿を見ながら考えてしまいました。

明日からは私の送り迎えなしに、お友達と学校に行くようになる娘。いまは心配がつきませんが、きっと親よりもずっと早く新しい環境になれていくのだと思います。

そして少しずつ親の手を離れていくんですよね。

週末の雨にも耐えてくれた桜が満開で、とてもきれいでした。娘はお花が大好きなので、わぁ!きれい!と、目を輝かせていました。いい感じに写真も撮れてよかったな。

私も小学生のママになるんだ!役員とかも大変そうだけど、頑張らなくちゃ!と、気合いを入れた母でした。

ほっこりライフ

外に出歩くと道もピンクの花びらが絨毯のようになって、もう桜も終わり春もあっという間にすぎてく感じがしますね。

今年に入り少し経ってフルで働いてた仕事もやめて少し休憩させてもらい自由な時間を愛犬と毎日のんびり過ごす毎日です。
愛犬が我が家へ来た時からこんなにも一緒に過ごす時間は全然なくて、何時間もハウスで首を長くし、
やることは寝るだけで退屈な毎日だったと思うと寂しい思いをさせて、家へきてこの子のは幸せだったんだろうかと思うこともありました。
仕事終わりに帰って癒してくれるこの子は大切な家族なのですがストレスもたまってるせいかたくさんの被害物を出しながらたまにイラッとすることも、、、
でも今はずっと一緒で家にいてもひたすらくっついて甘えんぼさんでもう溺愛可愛いすぎてたまりません!!!
これがよく言う親バカってやつですね(笑)

お散歩へ行ってもチラチラとこちらの顔を伺いながら、にこにこ歩いてる姿も毎日欠かさず写メを撮り主人に報告することが今では毎日の日課です(笑)
主人も仕事のやる気パワーになるそうです。

夜寝るときも幸せそうな顔をして寝てる姿をみて1日の終わりもほっこりです。
家族って本当にいいですね。

共感できる部分もあったある母親の言葉

子供がなかなか寝付いてくれなかった時に、無理に寝かせなくても良いのか、もしくはどんなに時間がかかっても寝かしつけた方が良いのか、ネットで調べていました。それは、お昼寝のことなのですが、保育園では年長になってもお昼寝をすると言いますし、娘はまだ3歳なので、昼寝が必要なのではないかと心配にもなったのです。

色々と調べていると、寝付かない子供に長時間付き合うのは、大人にとっても負担になるので、あまり無理しなくても大丈夫とありました。その言葉に、私もホッとしました。

しかし、子供が昼寝をしてくれなくて、叩いてしまうという母親のページを見つけてしまったのです。最初は、親としてあり得ないと思いましたが、読み進めていくと共感できる部分も多く、胸が痛みました。その方は、専業主婦で、お昼寝の時間に家事を進めているとありました。それが、全部ストップしてしまうとイライラするそうなのです。そして、手をあげた自分を責めるということの繰り返しだと書かれていました。こういった人は、もう少し周りに甘えて欲しいと思いました。

初詣行ってきました。

0歳の子供が年末年始発熱でなかなか下がらず、薬を飲んでも眠らず、ぐずぐずしていました。
だから年末お酒を飲んで、だらだらする感じではありませんでした。
2時間も続けて眠ってくれなかったのでヘトヘトで年明けを迎えました。
やっと熱が下がったので1日の午後、初詣に行こうと神社前を通ると、道路まで並んだ人混みに圧倒され引き返してしまいました。
2日目にまた初詣に行き、昨日の三分の一くらいの人だったので安心してお参りしました。
パパは大吉、私と長男は吉でした。
結婚して初めてパパは大吉を引きました。なかなか良い事に恵まれなかったので今年こそパパに良い事が起きてほしいと思っています。
下の子が病み上がりなので、じゃがバターと今川焼と串焼きを買ってすぐに車で帰りました。

ピンチヒッターでお迎えに行って来ました

始めてお迎えに行きました。昨日、2歳になる姪の保育園にお迎えに行くことになりました。わたしもバイトに行っていたのですが、帰ったら父が外で待っていました。なんでも迎えにいくはずだった弟が遅くなるようで迎えに行って欲しいと連絡があったとのこと。近くだとは知っていましたが、行ったことがなかったのでもう一度電話で場所を聞いてもらいつつ運転していました。もう遅くなっているので暗くてすぐに場所が分からなかったけどなんとかたどり着けました。先日ちょうど実家に来たのですが、覚えてくれてるかな?と思ったけど行くなり手を振ってくれました。泣く様子もなくご機嫌で手を繋いでくれました。預けている荷物があるようでカバンも渡され持って帰って来ました。保育園も色々大変だなぁ。連れて帰って30分くらいは一緒だったのですが、楽しそうに家の中で遊んでいました。また帰ってご飯は食べるだろうしとりあえず野菜ジュースを少しだけ飲ませてあげました。トマトが嫌いなのでジュースで栄養分を摂らなきゃね?、弟が迎えに来て帰って行きましたが可愛くてお茶目な姪は大好きです。