これは惚れる!魅力がいっぱいのお医者さん

私が思う「男性医師の魅力」のひとつは、やはり経済力だと思います。医学部を卒業し、国家試験に合格した研修医でも、平均年収は約300万円から400万円ほど。医師の平均年収はボーナスコミで約1100万円だそうです。結婚を前提にしたお付き合いのなかで経済力が安定していると安心です。また、両親の安心もとても大きいと思います。実際大学病院や開業医で経済力は大変上下します。そして、緊急の受け入れが多い病院に勤務している場合は、実務時間や労力は金額に見合っていない場合もあります。それを支える家庭に入ることは大変なことだと思いますが、夫が「医者」という職業ということで両親は安心すると思います。そして、大きな魅力は、「医者」という尊い職業に就いていることで尊敬できるところです。医者になるまでに猛勉強して医学部に入る。それだけでも一生懸命なところ、努力家な面が想像でき、尊敬できます。それに、自分の労力を削って人の命を助け、命と懸命に向き合う非常に尊い仕事のひとつです。社会的ステイタス、経済力だけでなく、その一生懸命さ、努力を尊敬できることが魅力です。また、もし結婚をするとなると、家にお医者さんがいるようになるので、何かあった時にとても安心です。夜中に体調が悪くなってしまったり、子どもが体調を急に崩すと、対応に困ってしまいますよね。しかし、そういった場合でも、応急処置やアドバイスなど頼りになると思います。自分のちょっとした体調の変化も気軽に相談できることで安心できそうです。お付き合いの段階でも、デート中に急に貧血になってしまったり、気分が悪くなってしまっても、迅速な対応をしてくれそうです。「医者」というとどうしてもその経済力を魅力に思いがちです。もちろん、生活していくうえでお金は非常に大事です。両親も経済面では非常に安心して結婚を賛成してくれる場合が多いと思います。そして社会的ステイタスが高いので、妻である自分自身も優遇され、優越感に満たされることも多いと思います。しかし、ひたむきに人の命と向き合うことができること、そこが一番の魅力ではないでしょうか。